読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

スーパーボールつくりました!! 〜2014年度2学期 第二回 科学実験〜

こんにちは! モットーです。
 2学期に入って久しぶりの投稿になりました。気がつくともう11月。早いものですね〜
気象予報によると今年の11月は例年に比べて暖かいそうですが、そうは言っても季節の変わり目。風邪には気をつけましょう!!
これからまた随時投稿していきたいと思います!よろしくおねがいします!!m(__)m

それでは今学期2回目のNSSの報告をしていきたいと思います!

スーパーボールをつくろう!!

今学期2回目は、スーパーボールをつくっていきました!
使った材料は、洗濯のり、食塩水、紙コップ、わりばし、絵の具・・・

詳しい作り方は下のURLへどうぞ!!→
http://d.hatena.ne.jp/handai-carp/20110801/1312190475

実は使う材料は第一回目のスライムとかなり似ていて、子どもたちからは「また同じのやるの?」という雰囲気も否めなかったですが・・・
しかし、そこで変わらず子供たちを喜ばしていくのが我らCARP! どんな反応がきたとしても絶対に成功させて喜ばせてみせる一心でした!

実際できたスーパーボールはこんな感じです(^-^)


失敗に屈しない!!

今回の実験には自分を含めて3人で参加してきました。そのうちの1人は1年生メンバー! 今後の活動にひそかに期待しております(^-^)
さあ前日までに材料は揃えて、前夜に参加する3人のメンバーで目標や実験の流れを打ち合わせて、もう大丈夫だ!と思って臨んだ子どもたちを前にしての本番。
 のりと食塩水を混ぜると固まりができてきて、こんなきれいなスーパーボールが・・・


あれっ? できない?

いや、科学実験である以上、失敗することもあるだろうし、僕がたまたま失敗しただけで、子どもたちはみんなうまくできる・・・

あれれっ?? みんなできない!?

どうやら原因は食塩水がうまく作れていなかったところにあったようで、改良するとちゃんとできる子がちらほら出来てきたのですが、今度は
 準備した材料がなくなってしまう ということが起きてしまいました。 まさかの出来事でした・・・
急いで近くの店に買いに行ったのですが、その間うまくいかなくて、暇を持て余した子たちがあんなことやこんなこと・・・
あとは想像にお任せします(-_-;)


でも最後は材料をそろえて、こんなにデカいスーパーボールが作れるようになり、子どもたちは無事喜んで帰ってくれました

前回に引き続き、親の視点で接することをポイントにやっていきましたが、子どもたち一人一人の為に生きれば生きるほど、無意識に子どもたちに情が入っていくのを感じました。楽しくなさそうな子を見ると何とかしていきたいし、実験でうまくいった子をみると、嬉しいなと感じます。 親はどこまでも子供の喜ぶ姿を通して、喜びたいのだなと感じた今回の実験でした。

次回は今週の8日土曜日にあります。今度はしっかり試験をして最高に喜ばせていきたいと思います!! お楽しみに!!