読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

色とりどりの飴作り〜2013年度三学期第四回 小学校科学実験〜

カープの活動

どーも、さーがです(^−^)
先日、三学期第四回目の科学実験プロジェクトがあったので、その報告をします!

家でも飴細工を!

今回は、飴作りに挑戦しました!

材料は、水、砂糖、水あめ、着色料、と意外とシンプル。
作る時には少し工夫が要りますが、好きな形に整形できるので、家でやってみても楽しいと思います!(^^)!

当日の様子

今回は、火を扱う実験ということで、
まずマッチの使い方など、しつこいぐらいにレクチャーしておきました。

しかし、子どもたちは、あめを作れると聞いて、
火の扱い方や実験についての説明*1をしっかりと聞いてくれました( ^^)v
いつもこのくらい集中して聞いてくれたらいいのですが・・・^_^;

レクチャーを終えると、早速あめ作り。
子ども達一人一人、率先して材料を鍋に入れていきます。

好きな色の着色料を入れて材料を混ぜたら、いよいよ火にかけます。

しかし、鍋が煮詰まるまでに意外と時間がかかり、子ども達の中にじれったくなる子も。
女の子達には鍋を持ち続けるのがしんどかったようで、交代で鍋を持つなど工夫をしていました。


そうこうしながら鍋に火をかけ続けていると、ようやくどの班の鍋もにつまってきました(*^^)v
煮詰まった液体をクッキングシートに流し、少し冷ましてから丸めて形作ります。

じれったくなりながらも待ちに待った分、子ども達は大喜び(*^_^*)

冷めるとすぐに硬くなるので、そこまで好きな形にすることはできませんでしたが、
レンジで温めるとまた柔らかくなるので、家に帰ってからまた挑戦してみるよう伝えておきました。


途中思わぬハプニングもありましたが、無事に実験を成功させることができ、
何より、子ども達がいつも以上に喜んでくれたのが良かったです(*^^)v


いよいよ次回で、今年度の科学実験プロジェクトは最後になります。
個人的にも、今年度が、このプロジェクトに積極的に参加できる最後の1年だったので、
最高の最終回にしたいと思っています。

最終回も、子ども達を喜ばせる事が出来るよう、頑張っていきたいと思います!


次回は、3月8日になります。
それでは、さーがでしたー(^.^)/~~~

*1:今回は、三態、特に液体と固体の話をメインにしました