読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

フグといえば・・・

ひとこと

お久しぶりです、よんです!(^^)!

あっという間にもう10月も終わってしまいますね・・・。


ところで、この間、母親の実家である山口県に行って祖母に会ってきました(*^_^*)
これがまた久々で、私が小学生の時以来なので8年ぶりです!!


(早朝、山の頂から撮影)

携帯電話も圏外になる程のどかな所でしたが、とても素敵な場所でした!
おばあちゃんも私のこと覚えてくれていて、さらに色々な場面がとても感動的で、とてもいい機会になりました。

おいしいおいしいフグ

そして、CARPのみんなにお土産を、と思いこれ買いました↓

なんとまぁかわいいこと!!!

山口といえばフグ!!ということで「ふくまん」こと、ふぐの形をしたまんじゅうです(^^♪


フグ自体もプクプクしていて、かわいいですよね!
でもフグってがありますよね(+_+)
だから、そのまま食べちゃうと死に至るケースもあるんです(T_T)こわい

私も小さい頃はたまに海釣りに行っていたんですが、フグが釣れても毒があるから、
ハズレ(>_<) みたいな感じで、すぐ海に返してました笑


ちなみに、私にはずっと抱いている夢があるのです!!!!

それは、きれーいに並べられたふぐさしを思いっきりバーっと箸でとって食べること(*^_^*)!!!


http://www.bran.jp/63tei/から引用

まだ私生まれてから一度もフグは食べたことがないんですよね(+_+)


みなさんが死ぬまでに一度は食べてみたいものは何ですか???(^O^)

ちょっと変わった歴史もあるそうな

ところで、フグについてこんなおもしろい歴史があるみたいですよ(^O^)


フグは、縄文時代から食されていたようで、2000年前の貝塚からフグの骨が発見されています。

しかし、豊臣秀吉の時代に、
朝鮮出兵した兵士がフグを食べて食中毒を起こすことが多々あったため、
秀吉はフグ食禁止令を出したそうな。

徳川家康の時代には、
「主家に捧げなければならない命を、己の食い意地で命を落とした輩」として、
当主がフグ毒で死んだ場合には、家名断絶等の厳しい対応がなされたとも言われています(@_@)

これは明治時代まで続いたのですが、
なんと!下関でフグを食べた初代内閣総理大臣伊藤博文が、そのうまさに感心し、
山口県のみでのフグ食を解禁したんだそうです!(^^)!


その後、フグ食の文化は山口県を中心に全国でも復活し、今日に至っているんですね!



ということで、今回のUPはここまでです(^o^)丿
今回は、フグについて興味が出てきたので、簡単に書いてみました(*^^)v

また記事を書こうと思うので、よろしくお願いします!


それでは、よんでした〜(^.^)/~~~