Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

アベノミクス論争!〜2013年度第一回 定例研究会

どーも、さーがです(^−^)
最近は、科学実験のブログを上げるのがほとんどでしたが、
今回は、定例研究会についての報告第一弾をUPしたいと思います!

定例研って?

定例研究会、略して定例研とは、時事問題や各自の専門分野などのテーマで、ディスカッションするプロジェクトです!

メンバー達が、議論したい内容を持ち寄り、楽しく、そして熱く議論していく場を設けています(^^)

今は、学生メンバーだけですが、ゆくゆくは、
大学の先生方にも来てもらって、一緒に議論したいと思っています(*^_^*)

最近流行りのアベノミクス

今回は、アベノミクスについてディスカッションしました!

アベノミクスは、ご存じの通り、安倍政権が、デフレ脱却、経済成長を目的とした経済成長のことです。
調べてもらえば、賛否両論様々な意見がありますが、
アベノミクスは、とても多くの反響を呼んでいることが分かります。


アベノミクスでは、「三本の矢」と呼ばれる、以下の三つの経済政策を掲げています。

「大胆な金融政策」
「機動的な財政政策」
「民間投資を喚起する成長戦略」


金融政策では、お金を増やして、景気を良くするためのベースづくりを、
財政政策では、お金が市場に「流れる」ための起爆剤の役割を、
そして、成長戦略では、具体的に景気を良くする為の戦略を。

簡単に言えば、このように、三本の矢が機能しています( ^^)v

定例研の様子

今回は、まず、私さーがが、アベノミクスについて、パワポで説明し、それからディスカッションしました。
実は、僕は物理学科専攻なので、全くの専門外(^_^;)
苦労しましたが、楽しく熱くディスカッションするために、頑張ってみました!(^^)!

質問した項目は、以下の通り。

1.なぜ、ここまで国民に期待されて、一気に円安・株高になったのか
2.アベノミクスでキーポイントになる所は、どこだろうか
3.国民の不安感を解消するには、どうやったらいいか
4.アベノミクスを支持するか、否か

僕同様、専門外で、これまで全く勉強してこなかったメンバーは苦戦していましたが、皆楽しく議論してくれました!
今回、経済学をしっかりと勉強してきた人がほとんどおらず、自由な意見が飛び交いました(^_^;)

質問については、後日UPするアベノミクスの説明を、参考にしてもらえればと思いますm(__)m

写真は、当日参加した、よんちゃんと、ダッシュ。
本番は、真面目に議論しておりましたので、ご心配なく(^_^;)


ディスカッションでは、なかなか面白い意見もあがりました(^^)

景気が良くなるためには、国民達の期待感を刺激して、政策を信用させる事が大切だ、
ということを説明の中で紹介しました。
それについて、「国民皆が、景気が良くなるために頑張れば良い」「政策を理解して安倍政権を支えれば良い
という意見が出ました。

あまり現実的ではない意見のように思いますが、かなり大事なんです!
この意見、実は安倍首相も言及しています。

三本の矢ならぬ、4本目の矢として、
『国民みんなが夢を持つこと。そして、みんなが夢 の実現に向けて頑張ること。
 これが私の「四本目 の矢」。』

と、Facebookで述べています。

国民が、夢に向かって、リスクを恐れずに「挑戦」*1し続けることを、安倍さんは言っておられますが、
皆が頑張ることで、景気が良くなって、安倍政権を支えることになるんです!(^^)!

皆が安倍首相と同じvisionを見据えることができたなら、
それに向かって挑戦することができたなら景気はすぐにでも良くなるでしょうね。


しかし、ディスカッションする中で、まだ自分たちは、安倍さんの真のvisionが分かっていない事に気付きました(゜o゜)
政策上、または言葉では、理解できますが、安倍さんが、どんな日本を「創り」*2あげたいのか、その本質が分からない。


ということで、大まかには、
アベノミクスがうまくいくには、国家と国民双方が、景気をよくしようと「挑戦」し、
 支え合わなければならない。」

「しかし、安倍首相の掲げるvisionについて、もっと詳しく知らなければならない。」

という結論になりました(^−^)

今回の定例研を通して、メンバー達の中で、結論のような事を考えるきっかけができたようです。
国のトップが、どのように日本を動かしていくのか、しっかりと把握し、私たちが今何をしたら良いのか、考えないといけないですね!

「今までは、消費税の上がり下がりで一喜一憂していたけど、
その背後の意図、政策を知っていくことが大切なんだ、と考え方が変わりました!」

と、感想を言っていたメンバーもおり、政策に対する考え方が変わったようでした(*^^)v

目先の政策にとらわれず、どんな日本を創りたいのか、一人一人理解してから、国を評価、支持することが大切ですね!



いやー、今回は難しいテーマでしたが、それなりに収穫があって良かったです(^^)
次回も、面白いテーマを見つけてディスカッションしていきたいと思うので、応援よろしくお願いします!


それでは、さーがでしたー(^.^)/~~~

*1:アベノミクスが掲げる成長戦略のキーワードの一つになっています。

*2:これも成長戦略のキーワード