読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

SuperBalls の魔術師 〜2013年度第1学期3回目〜

カープの活動

お元気様です!
どうもエルです!

今回の科学実験はsuper ballをつくる時間を子供達に提供して参りました(^^)

この実験も、もはや定番になりつつあり、その内容も洗練されてきております!

子供達は、暴れるような子もほとんどおらず、皆よく言うことをきいてくれていました!

スーパーボールの作り方
洗濯のりと食塩水で作るスーパーボール - 大阪大学CARP(原理研究会)

当日の様子

今回意識したのは、

1.自分たちが楽しんで活き活きと取り組むこと
2.子供達をよく褒めてあげること

です!

1.まず、自分たちが楽しんで、活き活きと取り組んでいないと子供達に、楽しんでもらうことはできません。
私から変わっていこうとする私たちの姿勢、楽しそうな様子をみて、子供達も自然と触発されてくるものだと思います!

2.そして、子供達を褒めるてあげるには、その子一人一人の潜在的ニーズを把握してあげることが大事です。
子供一人ひとりが個性をもってるので、その子が、何を褒めてもらったら嬉しいのかも、また千差万別です( ̄ー ̄)

だから、褒めてあげる側が子供達に関心を持ってあげないと始まらない。
人を喜ばせるには、まずその人に対して、よく関心をもつことが非常に重要とおもうわけです。


これが僕たちのサークルの重視する基本的精神・信条です!

子供達も紆余曲折を経ながらもひとり1個以上はスーパーボールをつくることができました!

メンバーも積極的に動きつつ、子供達をよく褒めてあげていました!

子供達もよく質問してくれて充実した実験になったとおもいます!


お掃除大賞

それともう一つお伝えしたいことが…��(゚Д゚)

今回は、いつもより掃除の時間をとってみたところ、子供達が実験後の掃除を一生懸命手伝ってくれました!

掃除への参加率7割という快挙Σ(・□・)

これまでの様子と比較すると…いや〜、立派です!
実験を頑張るだけじゃなくて、感謝の思いを込めて教室も掃除する…

自分をこえて、人のために何かしてあげられるだろうか?

こういう所に真摯に向き合えることが、子供達にとっても、実験がうまくいくことだけでは得られない、
大切な人間性を育てていくことにつながるのではないでしょうか。

これからが楽しみな子供達ですね^ ^


次回は何の実験がいいかな(._.)

子供達の希望を考慮すると…

爆発系 !笑、ということになりますが。


それでは、次回もお楽しみに(・Д・)ノ