読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

第二回 科学実験〜スライムで反省も・・・〜その2

どーも、さーがです!
先日UPした科学実験の続きの内容を報告します!

スライム実験にて

先日の科学実験では、スライムの実験をしました!

子ども達は、スライムで絵を作って、とても喜んでくれました。
一人一人、思い思いの絵を作ってくれました。
中には、僕が思っていた以上の絵を作る子たちもいて、見ていてとても楽しかったですね(*^_^*)

前回の様子
第二回 科学実験〜スライムで反省も・・・〜その1 - 大阪大学CARP(原理研究会)

本題ですが

さて、前回のブログの続きの話に入ろうと思います。


実験の終わりごろに、こんな場面がありました。
子供たち数人が、一人の班長さんに
「先生、サルのまねやってよ!サール!サール!」
と言っていました。
この場面だけを見れば、ただちょっかいを掛けているだけのようにも見えます。


しかし、その前にも、ある子が
「さる!」「絵下手だなー!」
と、相手をけなすようなことを言っていたようです。
それを面白がって、数人が一緒になって、このような事を言っていました。

当日は、その場面では、いつものようにちょっかいを掛けているものだと思い、見過ごしてしまいました。
しかし、実験が終わって反省会をする中で、そのようなことに気づき、反省、学ぶものがありました。

これは、子ども達にとって、よくないことだと思います。
相手をけなしたり、蹴落として喜ぶのは、どうなのでしょうか。
今回は、子ども達のとるに足りない出来事かも知れません。
しかし、将来こういう喜び方をしていると、いずれ周りの人達を、傷つけてしまう事もあるでしょう。

子ども達の将来に責任を持って、実験を最高の喜びの場にしようとするなら、その子のために、ちゃんと叱ってあげるべきでしたね。
科学実験の中で、できることは限られますが、
科学実験の場が、子ども達にとって忘れられない場になればと思います。

今回のことは、反省して、次回以降の科学実験で活かしたいと思います!

次回は、2月9日にあります!
それでは、さーがでした〜( ^^) _U~~