Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

2013年一回目 科学実験〜あぶりだし〜

どーも、さーがです!
ブログの担当を引き継いでしばらく経ちましたが、慣れに甘んじることなく、今年も頑張ろうと思います!

12日に、今年最初の科学実験があったので、報告します!(^^)!

あぶりだしで新年をスタート

今回の実験は、あぶりだしをしました!

やり方は、とっても簡単。
紙にお酢をつけ、オーブンに入れるだけで、文字や絵が浮かびあがるんです!

ちなみに、あぶりだしは、はじめてやる実験でした。
子ども達はどんな反応をしてくれるのだろうと、わくわくしながら初回をスタートしました(*^^)

子ども達の様子 バー・・・

小学校の学期が変わり、子ども達も新しく入れ替わりました。
最初は、子ども達は緊張していそうでしたが、最初にやった自己紹介ゲームや、実験を通して、とても喜んでくれました(*^^)v

動物の絵や好きなキャラクターの絵を描いたり、書き初めのように文字を書いたり楽しんでくれました。
ある子たちは、僕達に絵を見せに来てくれたり、ちょっかいをかけたりしてくれていました(^_^;)

いやー、とてもかわいらしかったですね(*^_^*)

最後は、誰が一番上手に絵を描けるか競い合って終わりました。

しかし、実験をしていると、子ども達は不思議なことをし始めました(?_?)

ある子が、「じゃあ俺はバーってかくわ!」と言うと、バーっと?紙を筆で塗り始めました。
すると、周りの子も同調して、バーっとかき始めました。しかも、なぜか楽しそうに。


そして、最後は、黒板にみんなでバーっとかいてました・・・
初回にして、この一体感すごいですよね(^_^;)

まあ、楽しんでくれたようなので良かったですけどね。


毎回思いますが、僕達が思いもしなかったことで、子ども達は喜んでくれます。
僕達が喜びを見出さないようなことでも、純粋に喜んでやっている姿をみて、その感性や純粋さに感心させられます。
大人になってもこういう純粋な感性を大切にできると、感性豊かに捉えられて、人生が彩のあるものになりそうだなと思いました。

もしかしたら、大人にも大切なものなのかもしれませんね!



今回は、初回だったので、子ども達を喜ばせてあげることに力を入れていきました。
次回も、子ども達にとって忘れることのできないような、最高の喜びの場を提供できるよう、頑張ります!!



次回は、1月26日にあります!
それでは、さーがでした〜(^.^)/~~~