読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

第六回 科学実験〜生臭かった二学期最終回〜

どーも、さーがです!
昨日、小学校で二学期最後の科学実験をしてきたので、報告します(^^)

カイボウ

今回は、魚の解剖をしました!

最終回なので、子ども達のリクエストに応えて、予算を奮発して頑張りました!(^^)!

詳しい実験方法
魚の解剖と観察 - 大阪大学CARP(原理研究会)

当日の様子は・・・

子ども達は、解剖をやりたい、・・とは言っていましたが、触るのにまず一苦労。
生臭い魚の臭いにもなかなか苦戦していましたが、やっていくうちに自然と克服してくれました( ^^)v

解剖をしたことのない子が大半で、解剖している時は、子ども達は興味津津でした。
普段の実験では見れないような顔や反応をしていたので、とても可愛らしかったですね(*^_^*)

子ども達は、相変わらず元気でしたが、最初の回より沢山の笑顔がみれました!

オフレコ

今学期は、回数が少なかったですが、それでも子ども達は、とても喜んでくれました。

今学期の子ども達は、男の子が比較的に大人しかったですが、
みんなの顔から自然と笑顔がこぼれ、喜びながら僕達の方に駆け寄ってくれていました(*^_^*)

子ども達を喜ばせられるように、そして子ども達に最高のものを残してあげたい、そういう思いで子ども達に接していましたが、子ども達が喜ぶ姿を通して、僕達も逆にうれしい気持ちになりました(*^^)

子どもは、いたずらをしたり、こころのない悪口や行動をとる事がありますが、
そうする理由や動機は、かまってほしかったり、ただ思っていることがすぐに表れるだけ、というとても可愛らしいもの。

子ども達の言動に変に左右されずに、自分達が、子どもを喜ばせてあげたい、と変わらずに接していれば、子ども達の態度は絶対に変わります。
この科学実験では、実際に子ども達を喜ばせようと、褒めてあげたり、話を聞いてあげたりすることで、徐々に子ども達の様子が変わり、喜んでくれています。


この学期は、今回で終了ですが、これからも頑張りたいと思います!



次回は1/12です。
それでは、さーがでしたー(^.^)/~~~