読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

阪大後期PR 第2弾 〜電子の要塞〜

大学紹介

どうもこんにちは!
えるです!

いやーもう空の表情も秋そのものですね〜
肌寒さも日毎に増しています。

さて、阪大の紹介ということで、今回もお伝えしていきたいと思います!

阪大の要塞

今回は、
豊中キャンパスにあるサイバーメディアセンターなる建物を紹介したいなと思います!

学生はみんな「サイバー」って略して呼んでますね。
そう呼んでる間にだんだんと愛着が湧いてきます。

見た目は縦長のビルのような感じ。ガラス張りが特徴的です。
・・・うん、ムダがない。適度にシンプルでかちっとした建物になります。

ちなみに、このサイバーのとなりには、
ウッドの椅子やテーブルがあって昼休みにはここも結構にぎわいます。

こちらもあわせてどうぞ。

場所ですが、前に紹介したメインストリートをそのまま真っ直ぐ進んでいくと、突き当たりにどーんとそびえ立っています。
豊中総合図書館のすぐそばです。

中身はというと

大量のコンピューターを収容しています。

ここはコール教室っていってコンピューターを使った語学の授業や、情報処理の授業に使ったりします。
パソコン自体も白のカラーで、清潔感があります!


あ、それと最近ではポートが設置されて、段違いに情報処理速度がUPしました!

画面の切り替わりや、ログイン時の待ち時間が大幅に削減されて、かなり快適に使えます。

休み時間や空き時間には、自習室になります。

レポート作成やネットサーフィンに使う学生も多いです。

実は‥

以外に知られてないですが、コンピューターってことで思い出しました。

なんと阪大には、あのコンピューター界で押しも押されもせぬカリスマ、時代に新機軸を叩き込んだ発明の申し子にして、
アッブル社のCEOだったスティーブジョブズも来たことがあるんです!


出典:http://weblogs.trancedive.com/weblog_1254366910.html

えっ、なんで彼が阪大に!?って思いますよね?

その訳は…

まだ彼がNEXT社に在籍していたころ、この阪大が日本で初めてNEXT社のコンピューター(当時100万円相当)を大量に導入したからだそうなんです!

いやー、阪大もなかなかやりますねー。

常に時代の最先端を求めて新たな研究分野・領域の開拓に余念のない阪大ならではの大胆な試みだったと言ってもいいかもしれないですねー!

その大胆さに
ジョブズも何かひかれるものがあったのかもしれません!

そういうことで、休み時間とかにもぜひ利用してみてください!



それじゃまた次回の阪大自慢をお楽しみに!