読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

1弦ギターを作ろう

はじめに

難易度★★☆☆☆(かんたん)
自分の手で楽器を作ってみませんか?
大昔の人のように、身近なもので作った楽器で気ままに音を奏でてみましょう!

材料・道具

弦・共鳴させるための胴・棹・ブリッジ・弦を固定するものがあれば作れます。

  • ・・・・つり糸・タコ糸など
  • 共鳴胴・・ペットボトル、空き缶、空き箱、牛乳パックなど
  • ・・・・木材など(50cm〜1mくらい)
  • ブリッジ・割り箸など
  • くぎ、ネジ、など
  • ドライバーや金槌
  • マジックペン

作り方

今回は、一番加工が簡単な牛乳パックで胴を作ります。ただし、耐久性は低いです。

棹を作ります。

以下の画像のように、棒の両端と中途に小ねじ(釘)を取り付けます。
弦を引っ掛けるために、頭を少し出しておいてください。

胴を作ります。

牛乳パックを5cmくらいの高さに切り、棹を通す穴を開けます。
1つの穴はパックの底にくっつけ、反対側の穴はパックの底との間に5mmくらいの隙間を開けておきます。

胴に棹を通します。

ネジの位置は画像のようにしておいてください。

弦を張ります。

弦の片方に輪っかを作り、棹の末尾に引っ掛けます。

弦のもう片方の先を棹の先端のネジに十回ほど巻きつけ、棹の裏側のネジに結んで固定します。

棹の先端のネジに直接結んでもいいのですが、このようにした方が弦の張りの調整が簡単です。

ブリッジを取り付けます。

割り箸を切って作ったブリッジを取り付けます。

最終的に以下のような形になります。

※ ブリッジがなくても音がよく響くなら、必ずしも取り付ける必要はありません。

調弦、完成!

ピアノ等と音を合わせながら、音階になるように押さえる場所の印をつけます。

これで完成です!
簡単な曲を演奏してみましょう。

工夫・発展

弦の太さや張る強さの違いで音の高低がどう変わるか、比べてみましょう。
実際の楽器を参考に、弦の張りの強さを調整できるような仕組みを作ってみたり、複数の弦を取り付けて音域を広げてみたりしましょう。
「カンカラ三味線」で検索してそちらに挑戦してみるのもいいかも知れません。

他の実験も見てみる

理科実験レシピ集 一覧

text by カツトシ