Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

阪大の博物館

阪大には総合学術博物館という施設があるんですが、そこで特別展をやっているということで今回はそこに行ってきました!
なんでも創立10周年を迎えるとのことで開催されたみたいです。
4月からやってたのですが中々行くことができず、今日が最終日ということで行ってみました。


総合学術博物館

ちなみに今回は特別展が開催されましたが、普段から阪大の博物館として開館しております。
阪大のモットーである「地域に生き 世界に伸びる」をもとに様々な工夫を凝らし、かなり個性的なものとなってますよ。


特別展

早速中に入ると右手にマチカネワニというワニの骨格の複製が壁にはりつけにされていて、すごい存在感を示していました。
これは理学部の建設現場から出土したものを復元したものらしいです。
そしてなんと!日本で初めて発見されたワニ類の化石なんだそうです!
3Fには実物の化石もあり、迫力満点でした!


張り切ってカメラを持って行ったはいいけど撮影禁止のため、イラストでご容赦をm(__)m・・・絵下手ですみません・・



ある部屋では恐竜の映像が流れていたり、ある部屋では巨大ワニや様々な恐竜の化石が展示されていました。
展示物はいくつかにわかれていて、ワニと恐竜の誕生当時のから始まり、巨大化したもの、そして現代というような感じでした。


そこで館員による説明会が行われていたのですが、タイミングが悪く私が行ったちょうどその時に終わっちゃいました。
残念だな〜と思いながら展示物を眺めていたら、後ろから館員さんに質問している子供の声が・・・

子「恐竜って今もいるんですか!?」

員「いるとしたら、それは鳥だね。恐竜は絶滅を逃れるために鳥になったんだよ。」

員「だから恐竜の味、恐竜を食べてみると鶏肉みたいなものだったのかもね。」

私(へ〜、恐竜の味って鶏肉みたいなものなんだ〜・・・って、まじでっ!?)

・・・


とまぁ、色々ありましたが展示物をみながらすごいワクワクしました!
過去にはこんなのが存在し生死をかけ争っていた姿とか想像すると心躍りますね!

もし今後鶏肉食べることがあれば、「これが恐竜の味かぁ」と思いながら食べるといいかもしれませんよっ!?



それでは、またの機会おたのしみにー(^.^)/~~~

by ジョー