読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

次に起きるのは2117年!

お元気様です!
今日は、天体ショーの一日ですね。
そう!今日は、金星の日面通過のある日なのです!


なかなかうまく撮れませんでした。

先月は、金環日食がありましたが、なんとその日に太陽を見るためのメガネが間に合わず!………

今回は、絶対に見るぞ!と意気込んで見てみたところ。
いやぁ、よかったですねぇ。

金星の日面通過について少し調べてみると、
金星の日面通過はなかなか起こらない現象らしいです。2004年6月8日にあった金星の日面通過の前に起こったのは、1874年12月と1882年12月のものだったようです。金星の日面通過が起きるときは8年で対になって起こるようで、21世紀初頭に起きる金星の日面通過では2004年6月8日に起き、2012年6月6日に起こるようです。2012年以降はどうかというと、金星の日面通過の対は2117年12月と2125年12月のものまで無いようです。

なんにぃ!2117年までもうこの現象を見られないのか!!
105.5年後の12月にある。ふむ。どう考えても次に見ることはできそうにない。
いやぁ今回は、見ることができてよかったぁと改めて思いましたね。

日面通過について、ほかにもあるのか?と調べてみたところ、ありました!
金星ともう一つ水星の日面通過も見られます。

地球から観測すると、水星の日面通過は1世紀の間に13回か14回の割合で起こるようです。金星の日面通過よりもかなり多く見られますね。その理由の一部は水星が金星よりも太陽に近い軌道を回っており、軌道上を公転する速度がより速いことにあるからだそうです。
ちなみに、次に日本で見ることができる水星の日面通過は、2032年の11月13日だそうです。
これなら、見られそうですね!

さらに、水星の日面通過と、金星の日面通過が同時に起こることもあるそうで
いつ起こるのかというと・・・
69163年7月26日だそうです。
うん。なんかもう想像もできないほど先のことですね。

いろいろ調べてみて、天体ショーもいろいろとあるなぁと思ったのと、
どれも見てみたいなぁ!と好奇心を湧き立たせるロマンがあると感じましたね。

今年は、いろんな天体ショーがあるようで、
7月15日に木星
8月14日に金星食

があるようです。要チェックですね!

by one