Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

支えてくれている人がいる事

こんにちわ〜、アラレです☆(*^▽^*)

 ブログで芸術の事を書こうと思うようになってから
 最近、経営を勉強している妹から、
「お姉ちゃん、絵の事について色々教えてくれない?」と連絡がありました!
(゚ロ゚ノ)ノ なぬぅ!?
 妹から、絵の話しをしてほしい!なんて☆・・・(嬉´Д`嬉)
 天地がひっくりかえるくらいの驚きです(。_。*)))
 私の妹は・・・知る人ぞ知る、鉄人なんです(笑)
 泳いで・・・自転車乗って・・・走る・・・競技を時々やってます
 ・・・・だから、驚き・・・Σ(っ゚Д゚;)っ

 その理由を聞いてみると、経営で取引先のお客様とお話をする練習があって、話しのネタとかで必要なんだ、という事だったんです。
 取引先のお客様は、だいたい・・・・社長とか・・・・社長とか・・・社長とか・・(((((( ;゚Д゚)))))
 ・・・・ご存知かもしれませんが、取引先のお客様のこういう方々は芸術に関心がある方が多いんです。(すべての方ではないかもしれませんが)
 
 ドラマのワンシーンで、社長さんの自宅、オフィスの壁には立派な絵画や彫刻が飾ってあって・・・・というのを見たことありませんか?
 お金がある・・・というのも理由の一つかもしれませんが
芸術の世界で昔からパトロン、画商と呼ばれる方々が芸術家の活動を支援していました。言わば、資産家や企業のことです。今もそんな感じ。
 
 制作するには・・・やっぱり必要です・・・これが・・・(¬з¬)σ  Money(☆ー☆)bが・・・
いえいえo(≧ヘ≦ ))oo(( ≧ヘ≦)o
(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。 )
それ以上に支えてくださる「縁の下の力持ち」がいてこそ・・・、関心をもってくださっているから、素晴らしい作品にもつながっている絵画は多いですね。

 支えてくれてる人がいる・・・どんなに尊い事でしょうか


 映画「セラフィーヌの庭」から

 そんな方々に小話として出来たらいいな!と妹は思ったみたいです。
 ねーちゃん、やる気でてきたぞー!
 まずはこのブログを読んで・・・と言いたいところですが、まだ一回しか更新してなかったので、頑張っていこうと思います。