読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

みんな大好きスライム【改良版】

はじめに

以前も紹介した スライムですが、研究調査の結果、さらにうまくいく作り方がわかったので紹介します。

難易度★★★☆☆ ふつう(材料を揃えるのが大変かも)

実験で使うホウ砂は毒性があるので、実験のときはしっかりと大人の方が監督してください。また、ホウ砂の管理も気をつけてください。
※口に入れないことと、実験後は手を洗うことさえ気をつけていれば大丈夫です。
※手にケガをしている場合は、念のため実験しないほうがいいでしょう。

材料・道具

  • ホウ砂(薬局などで買えます)
  • PVA洗濯のり
  • 紙コップ
  • ワリバシ(混ぜるため)
  • ペットボトル・・ここが変更点


さらに実験を楽しくするための材料

  • 夜光塗料(光るスライムが作れます)
  • 水性絵の具(色つきスライムを作るとき)
  • チャック付きのビニール袋(持って帰るときや、しまっておくときに)
  • ストロー(スライム風船をするのに)

作り方

1.紙コップに水を入れます。

ワリバシで混ぜながら、ホウ砂が溶け残るまでホウ砂を入れます(飽和水溶液にする)

2.

ここが変更点
ペットボトルに、洗濯のりと水を同じくらいの量入れます。

絵の具や夜光塗料があるなら、ここで混ぜておきます。

そしてフタをしてよく振ります。
泡立つくらいシャカシャカと振ります。


3.作った2種類の液体を混ぜます。
洗濯のり溶液の方にホウ砂溶液を少しずつ入れて混ぜます。

※逆にするとうまくできません。
※水が多いとトロトロのスライムに、水が少ないと固めのスライムになります。

うまく作るコツ

  • どちらの液をどちらに混ぜるのかを間違えない(ホウ砂水を洗濯のりに混ぜる!
  • よくかき混ぜながらホウ砂水を注ぐこと。手伝ってくれる人がいるなら、1人がワリバシでかき混ぜながら、もう1人が注ぐ、というように分担しよう。

水の量をいろいろ工夫してみよう


水を多めにすると、このようなトロトロのスライムができます。
小学校で実験した時の写真です。

気をつけること

  • ホウ砂は毒性があるので、口に入れないように注意!
  • 遊んだあとは手をしっかり洗いましょう。
  • 小さい弟妹がいたずらしないようなところにしまっておきましょう。
  • 周りに水をこぼしても大丈夫なところでやりましょう。
  • 服などにスライムがつかないように注意!

他の実験も見てみる

理科実験レシピ集 一覧

text by カツトシ