Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

ヨード入りうがい薬で指紋検出

はじめに

どこの家にもある、うがい薬を使って指紋を採取してみましょう。
スタンプ台を使えば簡単にできるのですが、この方法だと、手を汚すことなく指紋を採取することができます。

難易度★☆☆☆☆(簡単です)

材料・道具

材料
  • うがい薬(ポビドンヨードが入っていて、メントールが入っていないもの)
  • コピー用紙
  • ワリバシ
道具
  • 空き缶
  • はさみ
  • ホットプレート


あれば便利
  • 薄手の手袋(台所用のゴム手袋や、ペンキ塗りなどに使う使い捨てビニール手袋など)

実験手順

1.ホットプレートの電源を入れ、上に缶をのせ、その中にうがい薬を入れます。
量はだいたい、深さ2mmくらいでいいです。減ってきたらまた注ぎ足します。
しばらくすると、ゆらゆらとヨウ素の蒸気が昇ってきます。この状態をキープします。


2.コピー用紙を短冊状に切りとり、指をギューッと押し付けます


3.その紙をワリバシに挟んで、缶の上で、指を押しつけた面にヨウ素の蒸気があたるようにします。割りばしを2本使って固定してもいいでしょう。


4.しばらく3.の状態を続けて、指紋が浮きでてきたら完成です

うまく指紋を採るコツ

  • 指を紙に押し付けるときは、ずれないように気をつけましょう。
  • ヨードと手のあぶらが反応して指紋が出てくるので、カサカサの手だとうまくいきません。いまいちくっきりと指紋がとれないときは、鼻のあぶらなどをつけてみましょう。
  • 採取したい指紋以外の指紋がつかないように、紙を切るときや割りばしに取り付けるときは、手袋をして作業をするといいでしょう。

気をつけること

  • ヨウ素には軽い毒性があるので、蒸気を吸い込まないように注意しましょう。
  • ホットプレートでのやけどに注意!

工夫・発展

いろいろな人の指紋をとって、見分けてみましょう。

他の実験も見てみる

理科実験レシピ集 一覧

text by カツトシ