Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

【動画あり】第6回 2011年二学期第1回 みんなの理科室「コーヒーの秘密!?」

皆さんおはようございます。カツトシです。

9/10(土)小学校での理科実験プロジェクトがありました。
参加したのは、プレジデントさん、カツトシくん、あずきさん、ミュウ君、みずさんの5人。

二学期の1回目ということで、気合を入れて行ってきましたよ、と。

プランニング 〜今回の目標〜

今回の全体目標は2つ

  • 子供たちに「また来たい!」と言ってもらう!
  • 引っ込み思案な子が自分から話すくらいに心を開いてもらう!

朝と帰りとで「別人か?」と感じるくらい、子供たちに喜んでもらおうということです。

その全体目標を達成するために、一人ひとりが

  • 名前を呼んで話しかける
  • まずは自分が心から楽しんで接していく

といった目標を立ててプロジェクトに臨んでいきました。

実験テーマ

少し行儀が悪いですが、
お湯にインスタントコーヒーやクリープを入れて
スプーンでチンチンと音を立てながら混ぜていくと、その音が変わっていくんです。


↓実際にやってみました。

手の出演はピーター君です。
インスタントコーヒーを2杯も投入したので、苦かったです。

理由はインスタントコーヒーの音色に分かりやすく説明してあります。


まずは「音が変わる」ことに気づき、その理由をみんなに解明してもらおうというのが今回の実験でした。

いつもは「何かを完成させる」という実験が多いのですが、今回はちょっと違うことに挑戦ということで、
普段の5割増でドキドキワクワクしながら準備を進めていきました。

いよいよ実験当日

普段は学年が混ざった4,5人の班で実験をするのですが、今回は同じ学年同士で2人か3人のチームを作り、実験をして行きました。

用意した実験材料は

  • インスタントコーヒー
  • レギュラーコーヒー
  • クリープ
  • 砂糖
  • 炭酸水
  • お湯

「お湯だから音が変わるのかな?」
「味が出るから音が変わるのかな?」
「粉が溶けている途中は音が違うのかな?」
といろいろ考えながら、「予想→確かめる」の試行錯誤の中で
「アワがあると音が変わるんだ!」
という答えを見つけて欲しかったのですが、なかなか難しかったようです。
みんな悪戦苦闘していました。

しかし、インスタントコーヒーを混ぜていると細かい白いアワが出てくること、気の抜けた炭酸水と新しく注いだ炭酸水では音が違うことなどから、なんとか正解にたどり着くチームも出てきました。


実験の成果を画用紙にまとめて発表してもらいました。



最後にプレジさんから解説。

みんなの感想

片付けをしてから、感想を書いてもらいました。
実験は楽しんでもらえたのか!? 審判の時です。

「実験で一番楽しかったのはなんですか」という質問に対して、
一番多かったのは「コーヒーが美味しかった」という感想 (^_^;)

ですが「次回の実験が楽しみですか」という質問では
ほとんど全員が「はい」にマル
をつけてくれていました。

良かった良かった。