Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

鷲田清一総長の最後の講義に行ってきました 〜その1〜

「わっしー」と愛称される阪大の鷲田清一総長
今年8月25日でもって、任期を終えられます

「尖った知性、タフな意志、震える感受性を磨く」
という講義の最終回(公開講座)で
鷲田総長が学生に最後のメッセージを語ってくださいました♪♪

大阪大学のリーダーたる
鷲田総長が、最後に阪大生に語って下さるメッセージって何だろう(゜-゜)???って興味がわいてきて
聞きに行ってきました☆★☆

++++++++

講義は豊中キャンパスにある 大阪大学会館の講堂
で行われました

最寄りの石橋駅から、講義棟が立ち並ぶところに向かうまでに続く
阪大坂
っていう坂道を上がると・・・
どーんと大きく建っている建物です(=´∇`=)


こちらです(σ*>ω<*)σ

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/80thAnniversary/osaka_university_hall

ちょっと前までは、「イ号館」という名前で
阪大でいちばーん古い建物でしたが、
大阪大学会館」としてキレイに改修されましたヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。



大阪大学会館は総長の思いによって・・・

東京大学なら安田講堂京都大学ならや時計台
というように、他の大学ならシンボルとなる建物があるけど
大阪大学にはそれがない」

「卒業してからも思い出せる、思い出が集う場となる、そのような場所があればよい」

総長は大阪大学会館を作ろうと決意されたそうです(^ー^* )♪


総長自身が働きかけて

阪大OBの先輩がいらっしゃる企業に総長自らが足を運んで
援助をお願いしたとか。

建築費の半分くらいは
先輩方がいる企業から頂いたものらしいですΣ(・ω・ノ)ノ!ナント

鷲田総長のあつい思いと
卒業された先輩方の思いもあって建てられたんですね(*´∇`*)




大学に通う学生のために・・・

「阪大生が、誇りに思えるような学校にしたかった」

「阪大生が生き生きした生活がおくれるような学校にしたかった」


こういう思いがあって
他にも阪大坂の整備や、
ラーニングコモンズっていう、学生同士が話し合いができるような場所を
作ることをも鷲田総長が提案されたそうです。




総長の語る姿をみて

こうやって学生に最後のメッセージを語られる姿を通して
ホントに「学生を愛して下さっているんだなぁ」って感じました(●^o^●)!!


総長の願いどおりに、
阪大のシンボルとなれるように
願います。★.::・'゜☆。★.::・'゜☆。★.::・'゜☆



ぜひ!

阪大に遊びに来られる方は、
阪大のシンボル「大阪大学会館」へ
ぜひ寄って行ってくださいね(^o^)丿



+++++++


いつの間にか阪大の紹介になっちゃいました(@_@;)
ゼンゼン鷲田総長のメッセージについて
触れてないじゃん  オイオイ (;^◇^)ノ~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ イテッ


すいませんが。今日のところはこんな感じで・・・
鷲田総長の講義の内容感想
また次回ということで(^O^)/\(^O^)

あずきでした!