Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

CARPのこれからについて

こんにちは!チップですvv

最近ブログでも
「CARP(原理研究会)に反対する人たち」

についての話題が、熱く語られています。


 私も、それほど多くありませんが、
反対している方の論文や資料を読む機会が与えられました。
また、大学で「カルト」対策を行っている方と
何度か対話する機会を持つこともできました。

 知識の面においても、人生経験の面においても
まだまだ足りない部分も多いのですが、
これまで私の感じてきたことや、これからやっていきたいことを
書いていけたらと思います。

理解するということ

私が「カルト」に対して批判的と言われている人たちと関わっていく中で、
いろいろ考えさせられたことの1つが「理解すること」です。


「反対する人たち」に対するイメージ

大阪大学ではカープに対する反対が厳しいということは
様々な先輩方から聞いてはいました。
私も、反対をしている方に対して

「怖い」
「関わったら何か言われたり、されたりするのではないか」

というイメージがあり、別に悪いことをしているわけでもないのに、
学校側にCARP(原理研究会)で活動しているということを知られるのを
避けていることもありました。


CARP(原理研究会)のイメージ

学生たちも

カープ」=「カルト」=「マインドコントロールするところ、危険な団体」

というイメージを持っており、そのような目で見られることが何度もありました。

もちろん他の大学のブログでも紹介されているように
「カルト」「マインドコントロール」という言葉は、様々な意味合いがあり、
その基準自体もあいまいなものであります。
その言葉を使って、CARPにマイナスのイメージのラベルが貼られてしまうのは、
とても悲しいです。

今とこれから

しかし、

実際、カープと友好的関係にある統一教会の日本社会におけるイメージは
正直なところ、あまり良いものとは言えません。
まず、多くの方々のCARPや統一教会に対する認識を変えていく努力を
私たちはしていかないといけません。

なので、

・今までの活動形態で社会的に認め難いことやクレームが挙がっていることに対しては、
しっかりと受け止めて、改善していけるように努力していくこと。

・学校や学生と対話の場(実際に話をする場)を持ち、お互いの考えを理解しあえる
ようにして、信頼関係を築いていくこと。

上記の内容は大切であり、必要なことだと個人的に感じています。


今すぐ、何かが変わるわけではないと思うけれど、
始めの一歩として、
まずは、相手がどう感じているのか、
どうしてそう感じているのか、
何故、そのような言動をするのか…

というところを理解するところからだと考えています。

続きますよ〜 CARPのこれからについて - 大阪大学CARP(原理研究会)