読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

分光シートで虹色万華鏡を作ろう!

理科実験レシピ集

はじめに

分光シートを利用した万華鏡です。

難易度★★★☆☆(ふつう)

材料・道具

  • 分光シート(A4サイズ2枚で1000円。高級品!)*1
  • 紙コップ 2つ(区別するために、片方に矢印を書いてあります)
  • 黒マジック
  • セロテープ
  • 画鋲
  • カッターナイフ
  • はさみ


作り方

1.両方の紙コップの内側の底を黒く塗ります。*2

2.矢印を書いた紙コップの底に、カッターナイフで1.5cm四方くらいの穴を開けます。これが覗き穴になります。*3

4.覗き穴に、分光シートを貼ります。分光シートは覗き穴より大きめに切って、セロテープで貼り付けます。このとき、テープが穴にかからないように注意してください。*4

5.矢印を書いていない方の紙コップの底に、画鋲で穴を開けます。たくさん開けます。

6.2つのの紙コップをくっつけると完成!

7.覗き穴から覗きます。すると...

気をつけること

分光シートに光を弱める力はないので、太陽やレーザーポインターなど、強い光は見ないでください。

工夫・発展

  • 蛍光灯やロウソクの光など、光源によって7色の様子が違うことに気がつくと興味がさらに湧くと思います。
  • 純粋に分光器として使いたい場合は、たくさん穴を開けるのではなくスリットにします。
  • 容器は紙コップである必要はないので、いろいろ工夫しても面白いかも。

実際にやったときは

赤、ミドリ、青のセロファンを貼った懐中電灯で白色の光を作る実験をしてから、この万華鏡を作りました。
無色に見える光も、様々な光が混ざって出来ていることを実感してほしいという狙いがあったのですが、
完成した万華鏡を覗いて「きれい〜!」と素直に感動する子が多かったです。

他の実験も見てみる

理科実験レシピ集 一覧

text by カツトシ

*1:東急ハンズで購入しました

*2:余裕があるなら、内側全体を黒く塗ったほうがきれいに見えます。

*3:矢印は「ここからのぞいてね!」という意味です。

*4:分かりやすくするために、色付きのテープを使っています。