読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Handai-CARP’s blog

大阪大学CARP(原理研究会)です!

世界がもし100人の村だったら

ひとこと

お元気様です!再び登場のカツトシです。

先日関大カープのF君が、「世界がもし100人の村だったら」を元に製作したドキュメンタリーのDVDを借りに来ました。

世界がもし100人の村だったら

世界がもし100人の村だったら

うち(阪大CARP)にあるはずだということなので探してみたのですが、なかなかみつからない。
VTRディスカッション用のDVDはまとめて置いてあるのですが、そこには無い。
音楽CDに混ざってないかと探してみたけど、そこにも無い。
F君はわざわざ自転車でこっちまで来てくれたので、むげに追い返すわけにもいかず、見つかるまで探そうじゃないか!ということに。


探すことおよそ30分。電話で先輩に聞いて、やっと見つかりました。
見つかったのは見つかったけど、VHSでした。
盲点でした。


さて、気をとりなおして「世界がもし100人の村だったら」の内容を見なおしてみると、
100人の村人のうち、大学教育を受けているのはたったの1人である、と書いてあります。
ふだん大学に通っていると、周りは当然大学生ばかり。
自分がどれだけ恵まれた立場にいるのかということを忘れてしまいがちです。
しかし、世界規模での視点から自分の境遇を振り返ってみると、自分の幸せだけを追い求めて生きていくなんて絶対にできない!という気持ちにさせられます。


今すぐに世界のために具体的な行動を起こせるわけではありませんが、常にこの気持ちを忘れずに、人格・能力の両面を磨いていきたいものです。


P.S.
F君は、ホクホク顔で関大CARPに帰っていきました。早く返せよ!